包茎手術にかかる値段は手術方法によって異なる

代表的な包茎手術の方法を知ろう

包茎手術と一口に言っても様々な手術方法がありますが、現在主流となっているのは主に環状切開法と亀頭直下埋没法の2種類です。

環状切開法は、世界的に行われている手術方法で、泌尿器科の医学書にも掲載されています。
包茎の原因となっている余分な包皮をリング状に切除して、縫い合わせるという手術方法で、値段が比較的安いというメリットがあります。
一方で、術後の見た目が良好ではなく、縫合部分が目立つことに加えて、縫合部分で肌色の皮膚と茶色の皮膚がくっきりと分かれるツートンカラーになってしまうというデメリットがあるので注意が必要です。

亀頭直下埋没法は、環状切開法を改良した新しい包茎手術方法です。
余った包皮を切除する部分は同じですが、縫合部が冠状溝(亀頭下の溝)に隠れるように包皮を切除するため、傷跡が目立ちにくくツートンカラーになる心配もありません。
しかし、環状切開法と比べると値段が高い傾向があります。

包茎手術方法ごとの値段の目安

上記の通り、現在行われている包茎手術は主に環状切開法と亀頭直下埋没法の2種類ですが、値段だけに着目すれば環状切開法の方が優れています。

環状切開法にかかる値段は、3~10万円ほどが相場です。
また、真性包茎やカントン包茎の方の場合は保険適用で受けることができます。
保険適用で環状切開法が受けられるのは主に泌尿器科のみですが、保険を使用すれば1~3万円程度の費用しかかかりません。
ただし、環状切開法の術後の見た目は決して良いものではないので注意が必要です。

一方の亀頭直下埋没法の値段は、7~40万円と幅広くなっています。
これは、亀頭直下埋没法が主に包茎専門のクリニックで行われている包茎手術で、基本的には自由診療でクリニックが独自に価格設定を行っているためです。
術後の見た目を重視して亀頭直下埋没法を選択する場合は、複数のクリニックの料金を比較して、総合的な満足度が高くなりそうなクリニックを選択することが大切です。

まとめ

包茎手術には様々な手術方法がありますが、包茎手術の値段は手術方法によって異なります。
現在行われている代表的な手術方法は、環状切開法と亀頭直下埋没法の2種類ですが、少しでも費用負担を抑えたい方は環状切開法の方が適しています。
一方の亀頭直下埋没法は、環状切開法よりも値段が高く保険も使えませんが、術後の見た目が良好な手術方法なので、包茎手術を希望するのであれば基本的には亀頭直下埋没法を選択することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です