包茎手術の中でも環状切開術の値段は3万円から10万円程かかる

包茎手術の中でも値段が安い環状切開術

包茎手術は治療にかかる値段が高いという、イメージを持つ方も多いかと思います。
確かに健康保険が適用されない包茎手術や、元々保険外での治療しか行っていない美容外科クリニックで施術を行った場合、数十万円からケースによっては包茎手術の値段が100万円を超えることもあるようです。

できるだけ値段を抑えて金銭的に無理なく包茎手術を受けたいという方は、環状切開術を検討してみてはいかがでしょう。
環状切開術は包茎手術の中でも、とてもスタンダードな方法です。
国内の泌尿器科であれば、ほとんどのクリニックで行われている包茎手術となっています。
地方にお住まいで包茎手術を受けられるクリニックが身近にあるか不安という方も、この環状切開術であればチャレンジしやすいでしょう。

また、環状切開術は包茎手術の中でも値段がリーズナブルです。
クリニックによっても変わってきますが、3万円から10万円ほどと比較的低価格で施術を受けられます。

環状切開術の特徴をチェック

包茎手術の中でも値段が比較的安い、環状切開術はどのような施術法なのでしょうか。
包茎の原因となる包皮の狭い部分を直接切除する手術を行います。
しっかりと包皮を取り除くことができるので、しっかりと包茎を解消できる治療法です。
リッジバンドと呼ばれる性感帯を温存できるのも、環状切開術の特徴です。
男性器としての機能にトラブルが出にくいというのが、環状切開術のメリットとなっています。

ただ、どのような治療もメリットがあればデメリットもあります。
環状切開術の場合、術後にツートーンカラーになりやすいのが気になる点です。
包茎手術後いつも包皮で隠れていた部分露出するため、包皮とそれ以外の部分で色がかなり異なり、ツートーンカラーになってしまいます。

ツートーンカラーは術後、数年ほどで自然と改善しますがそれまでは包茎手術を受けたということが、他の人に見られた場合にばれやすいです。
その点を踏まえて施術を受けるかどうかを決めると良いでしょう。

まとめ

包茎手術は値段が高いというイメージがありますが、施術法によっては3万円から10万円ほどと比較的安い値段で施術を受けることができます。
環状切開術という方法で、日本国内の泌尿器科であればほとんどのクリニックで行われている、とてもスタンダードな包茎手術です。
しっかり包茎を治せる、性感帯にダメージを与えないなどのメリットがあります。
ただし術後、ツートーンカラーになってしまうので、その点を踏まえて環状切開術を受けるかを決めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です