知っておきたい!包茎手術をする際にかかる値段の基礎知識

人にはわからない悩みを抱えている人はたくさんいます。
男性の場合、下半身の悩みを抱えている人は多いかもしれません。
普段から人に言わないだけで、下半身の悩みを抱えてなんとかしなければならないと焦っているかもしれません。

包茎で悩んでいる場合には、包茎手術をした方が良いといえます。
しかしそれ以前に、包茎手術をするときの値段を頭の中に入れておいた方が良いです。
予想外に高いと感じる人もいれば予想以上に安いと感じる人もいます。
感じ方は人それぞれですが、何の知識もない状態で包茎手術の相談に行くよりもまずは値段を調べておく事から始めましょう。

包茎手術の値段は手法によって異なる

包茎手術の基礎知識としては、まず何より値段を知っておくことが必要です。
それと同時に、基礎知識の1部としてその種類を知っておいた方が良いかもしれません。
一般的によく用いられるのは、環状切開法と呼ばれるものです。
このやり方は余分な肌を切ることにより、包茎状態から脱することができるわけです。
このやり方のポイントは料金がそこまでかからないことでしょう。
また多くのクリニックで施術を受けることができます。
クリニックによってもその値段は異なりますが、安い所で70,000円位で行ってくれます。
この方法の問題点があるとすれば、傷跡が目立ちやすいことでしょう。
そして場合によっては、性感帯の1部を削ることになるため感じにくくなります。

もう一つの一般的な方法は、亀頭感情切開法と呼ばれるものです。
この方法の1番の特徴は、傷が目立ちにくい所と言えるかもしれません。
そのためこの方法を選択する人も多いです。
しかし欠点があり、他の包茎手術に比べると値段が高くなりがちです。
ちなみに値段は、クリニックにより異なるものの200,000円前後になります。
いずれの手術も、事前に麻酔を行うため痛みを感じる事はありません。

メスを入れない包茎手術の場合

基本的に包茎手術であっても美容整形であっても、メスを入れる場合にはお金がかかります。
メスを入れることにより、傷跡ができるわけですがこれを目立たないようにするならば特にたくさんのお金をかけなければいけません。
また単純にメスを使うだけで技術が必要になるためその分かかる費用が高くなると考えているでしょう。

そこで、可能な限り安く仕上げたいならば、メスを入れない方法を使ってみるのも良いです。
最近のクリニックは、メスを入れないで糸を入れ包茎手術をする方法があります。
この方法の特徴の1つは、糸で固定するためそこまで技術を必要としません。
そして、50,000円以内でできるケースが少なくないわけです。
最終的に保険が適用されるかどうかによっても異なりますが、仮に保険が適用されなかったとしても50,000円前後のお金があれば問題ないでしょう。

ただこの方法には欠点があり、時間の経過とともに糸が緩んでしまうことです。
特に性行為をする場合は、糸が緩みやすくなるため注意が必要です。

それ以外にも、ヒアルロン酸を注入する方法があります。
亀頭にヒアルロン酸を注入して、皮がかぶらないようにすれば包茎の状態から脱することができるでしょう。
費用も50,000円程度ですがそのかわり半年程度の効果しかありません。

保険が適用されれば値段は安くなるが

風邪をひいた場合や怪我をした場合、病院に通うと保険が使えます。
高齢者等でなければ、国民の負担は3割程度で残りの7割は国が負担してくれます。
この点包茎手術の場合、保険が適用できるか問題になるものの必ず適用されるとは限りません。
まず仮性包茎に関しては適用されないことがほとんどです。

一方で、真性包茎とカントン包茎は適用される可能性があります。
なぜ適用されるものと適用されないものに分かれるかと言えば、医学上の治療に属するかそうでないかの違いになります。
分かりやすく言えば、美容整形には通常保険が利用できませんがこれは見た目を良くするためだからです。
病気を治すためではないため保険が使えません。

包茎手術も同じで、仮性包茎の場合にはほとんどの場合これを手術しなければ医学上問題があるわけではないのです。
病気などになるわけでもないため保険が適用されません。
しかし仮性包茎以外の真性包茎やカントン包茎は性病になりやすいなどの問題があり、保険が適用されやすいといえます。

ちなみに保険が適用される場合国民の税金から使われることを考えれば、見た目を良くするための包茎手術は実費で行わなければいけないことが理解できるはずです。

まとめ

包茎手術をする場合の値段が気になるところですが、基本的にその手術内容によって異なります。
比較的値段が高いものは、傷跡が目立たないと同時にメスを入れて半永久的に包茎状態から脱することができるわけです。
これに対して、値段が安いものはメスを入れる場合であっても痕等が目立つケースもあります。
また性感帯の1部が削られることもあり性行為をしても、あまり気持ちよくありません。

保険が適用されるかによっても値段が異なるものの、仮性包茎の場合は保険が適用されるケースがほとんどなく、真性包茎とカントン包茎は保険が適用されやすくなるのです。